ケアマネージャー資格のための通信講座|スクールガイド

ケアマネージャーの主な仕事について

ケアマネージャーとは、介護保険法に基づき、要介護と認められた人が、その心身の状況などに応じた適切な介護サービスを利用できるように、ケアプラン(介護サービス計画)を作成したり、自治体・在宅サービス事業者・介護保険施設等との調整などを行う、"医療・福祉のスペシャリスト"です。

主な業務は下記の通りです。

*介護認定がおりた要介護者に対しての、詳しい状態や介護ニーズについての把握

*適切な介護サービスを検討し、ケアプランを作成

*介護サービスを提供する事業者と要介護者との調整仲介

*ケアプランの継続的な管理やサービスについての記録


そして、ケアマネージャーは、下記のような居宅介護サービスの給付管理業務を行います

・訪問介護
・訪問入浴介護
・訪問看護
・訪問リハビリテーション
・通所介護
・通所リハビリテーション
・短期入所生活介護
・短期入所療養介護
・特定施設入所型生活介護
・痴呆対応型共同生活介護
・福祉用具貸与

ケアマネージャーは介護支援事業において、とても重要な役目を担う存在となっており、高齢化社会による需要の高まりで人気の高い職種ともいえます。


ユーキャンの通信講座はコチラ
資格

ケアマネージャーの資格@通信講座|スクール情報メニュー